相続税のご相談について
相続手続きの窓口です。相続登記・預金の名義変更、生命保険の申請等のお手伝いをする会社です。
(相続浜松  太田経営センター)
相続税申告書の見直しします。

公正証書遺言・自筆遺言の書き方などの相談とか遺産争いなど、家庭裁判所の申し立ての手続きや相続税のでない方で分割協議書作成だけの相談等また、相続の分割の仕方により相続税が変わります。
財産を贈与したいので、財産評価してもらいたい方など、又相続について障害のある方に関する後見人制度の内容などたくさんのお客様の相談をお伺いています。
相続税の調査で特に多いのが、被相続人の預金から相続人の簡易保険を支払っていた場合、共済金を被相続人の預金で相続人の分まで、支払っていた事例が多く名義預金として課税される例が多く相続税の申告修正されます。
相続開始前に預金の直前の引出しなど、本来は相続財産として財産に加算しなければならないことになります。また生前に妻の名前に預金を変えたりしますと申告漏れの名義預金として課税され、加算税と延滞税を払うこととなります。
相続財産の遺留分の減殺請求をしたいので弁護士さんを紹介して欲しいという案件が多くなってきました。
遺産の争いの場合は、相続人はもめますと兄弟の行き来がなくなります。昔は長男が家督相続でしたのでもめることはありませんでした。最近は次男と長男でどうして相続する財産が異なるのか裁判所での遺産の争いが急増しています。そのため調停の申し立てをしましても順番まちが多くなり、大変なことになりました。
その防止策は被相続人の遺言書の作成が重要な課題になってきました。兄弟が相続争をいしないように勤めなければなりません。
相続について、困ったことがありましたら電話またはメールで相談にお答えいたします。